厨房

大型厨房機器は買取業者を利用して処分しよう!

売れるプラスチック

ゴミ袋

リサイクルの流れ

プラスチックは、身近なものだとゴミの日に「容器包装プラスチック」で出すことができます。しかし、このプラスチックを「廃プラ」として買取ってくれる業者がいます。一口にプラスチックと言っても、さまざまな種類があります。ペットボトルや食品が入っている袋、発泡スチロールなど、すべて素材が異なります。プラスチックの容器に、「ポリプロピレン」とか「ポリスチレン」といった表記があります。このような廃プラをリサイクルする場合の流れですが、買取を依頼したプラスチックは、素材ごとに分別されます。同じ素材のプラスチックごとにまとめられます。廃プラとして買取ってもらうときには、できるだけ同じ種類でまとめて依頼した方がよいでしょう。業者は仕分けする手間が省けますし、大量にまとめて買取ってもらうことで廃プラの買取金額が高くなります。同じ素材でまとめられた廃プラは、それぞれに違う商品に再加工されて、リサイクルされます。どのプラスチックが高く売れるかですが、容器包装プラスチックで捨てることのできるようなものより、硬くて丈夫な自動車の部品やテレビの外側に使われているようなプラスチックの方が高い価格がつくようです。しかし、廃プラを買取る業者によって販売方法が異なりますから、買取を依頼する際にどのようなプラスチックのニーズが高いのか、問い合わせてみた方がよいでしょう。意外な商品に使われているプラスチックがあり、そのような廃プラは高く売れる傾向があります。